ダイビング

PADI Cカード取得コースについて

L-DIVEのスタッフは都市型ショップで8年間働いていた経験の持ち主で、経験豊かなPADIインストラクターでもあります。
オープンウォーターダイバーコースからステップアップコースまでお任せください!
少人数制ならではの親切丁寧な講習が信条です。

PADIって?

  • ● PADIのコースでは学科は全て自宅予習ベースとなっております。
    現地ではクイズ&クイズの答え合わせと間違い部分の補足のみとなります。
    ご協力よろしくお願いします。
  • ● まずはメール及びお電話でお問い合わせください。 [ お問い合わせ) [TEL:0739-72-1302]
    日程など相談をした上で、コースのご参加を決められましたら銀行の口座をお伝えします。
    その口座にコース料金の一部もしくは全額のご入金が確認できましたら正式お申し込みとさせていただきまして、予習の進め方を書いたプリントを同封した教材とお申し込み書(病歴診断書・免責同意書など)を送らせていただきます。お手元に教材が届きましたらその時点でコースのスタートです! 海に来られるまでに予習をしておいてください。
PADIスクーバダイバーコース(所要期間2日間)
とにかく早くCカードが欲しいと言う方にお勧めです。
オープンウォーターダイバーコースの半分の内容で取得できるので、たったの2日間でCカードを取得できるコースです。
但し、いかなる時もインストラクターが付いてダイビングをしなければいけないということと、水深12メートルまでしか潜ってはいけない!という制限は付きます。
PADIオープンウォーターダイバーコース(所要期間3日間)
自立したダイバーを目指す最初のコースです。
スクーバダイバーの方も残りの講習を受けてすぐにこのオープンウォータ-ダイバーを取得された方がいいでしょう。
バディと一緒なら水深18メートルまでの海域でのダイビングができます。
PADIアドヴァンスドダイバーコース(所要期間2日間)
ダイバーとして自立していくには色んな経験が必要です。
ここのコースでは効率よくダイビングの経験を積んでいただいてさらに自立したダイバーを目指していただくコースです。
このコースが終了するとバディと一緒に水深30メートルまでのダイビングが可能になります。 
PADIナイトロックスダイバーコース(所要期間1日)
今やダイビングにおいてエンリッチドエアタンクを使用するのが普通になってきました。
特にフォト派ダイバーならなおさらその需要は高いはずだし、大きなメリットがあります。
ぜひこのコースで酸素分圧の違うタンクの使用の仕方をマスターして今後のダイビングライフにお役立てください。
★さらにその上のステップアップコースも開催できます。PADIレスキューダイバーコースやダイブマスターコースをにご興味ある方は一度お問い合わせください。
HOME > ダイビング > PADI Cカード取得コースについて